クラリネット奏者 橋本茉柚(まゆ)さんインタビュー第1回


2022年9月9日(金)日暮里サニーホールコンサートサロンで開催予定の「橋本茉柚クラリネットリサイタル」。

このリサイタルに向けて、橋本さんにインタビューをさせて頂きました。それを5回にわたって掲載いたします。

今回は、その第1回目です。


スタッフ:まずリサイタルをやろうと思った理由を教えてください。

橋本:楽器を演奏している方の多くはそうかもしれませんが、わたし自身リサイタルをいつかはやりたいなと、とても憧れているものでした。でもそんな自信はなく、淡い憧れだったのですが、声をかけて頂いて背中を押してもらったと思っています。これからもクラリネットを続けていきますが、一旦ここで皆さんに自分の演奏を聴いて頂きたいなと思って。90分近くを自分だけで演奏するという経験もないので、自分にとってこの演奏会はかなり挑戦だと思っています。

スタッフ:そもそも小さい頃に他の楽器ではなくてクラリネットを選んだきっかけがあれば教えてください。

橋本:小学4年生から小学校の金管バンドに入り、トロンボーンを担当していたのですが、一緒にトロンボーンを演奏していた友達が、地元にある太田芸術学校というオーケストラを学べる学校でクラリネットを始めて、その子の影響を受けて私も6年生の頃にクラリネットを始めました。習っていくうちにクラリネットの音が大好きになり、小学6年生の時にはトロンボーンとクラリネットの両方を演奏していました。中学生になって吹奏楽部に入部する時に、第1志望をクラリネットにし、それが叶いクラリネットをやることになったというのがきっかけですね。



ホームページのトップページからもご予約受け付けております。

閲覧数:78回0件のコメント