ピアニスト金桝祐紀さん インタビュー第2回目


スタッフ:金桝さん自身のことについて伺いたいのですが、そもそもピアノを始めた経緯を教えてください。

金桝:ピアノを始めたのは3歳の頃だったので、自分の意志ではないんですけれども、電化製品売り場に行ったら、おもちゃのキーボードとか必ず鍵盤を見つけたら、それをいじってて、それを見た両親がこの子ピアノ好きなのかな、って思って習わせたって聞いてます。

最初はヤマハでグループレッスンやってて、小一くらいから個人レッスンをやり出して、その時もすごいピアノを練習してて、小3の時に、ちょっとコンクールに出てみようかみたいな話になって。コンクールに向けて藝大の先生について、そこからピアニストを目指そうかなと思うようになりました。

スタッフ:ピアノをやめたいと思ったことはないですか?

金桝:両親がすごいピアノが好きっていうのもあって、コンクールも調べて、レッスンも付きっきりで、私っていうより親がやらせてるって感じで。全て親が揃えてる感じで。ペダル踏みやすい靴とか。親に言われるがままに行くって感じでしたね。本当にピアノが楽しいって思い始めたのは高校生くらいからなので、とにかく練習してました。

スタッフ:夢としてではなく、現実的に将来、ピアニストになると決めたきっかけはありますか?

金桝:高校で演奏家コースに入ったというのもあるし、周りがすごい上手い子も多くて、一般企業に勤めたいというのは全く思ってなくて、ピアニストとして生きていきたいと思って。高校の時から自分が好きなピアニストとか演奏者のコンサートに行くようになって、舞台で弾いてる姿を見て、私もこうなりたい、って思うようになりました。

スタッフ:横山幸雄先生に師事するようになったのはいつからですか?

金桝:中学からですね。横山先生は、曲に対する考え方、テクニックとかはすごくて。指番号とか、人が思い付かないような指番号とか。神業みたいなものを持っていて。


チケットはこちらのURLリンク先のサイト(https://teket.jp/3263/14486)よりご購入できます。皆様のご来場をお待ちしております。

閲覧数:48回0件のコメント