ヴァイオリニスト北田千尋さん、ピアニスト長純音(おさあやね)さん 第2回


8/9のデュオリサイタルに向けて行ったインタビューの様子を前回に引き続き掲載いたします。

スタッフ:北田さんはシューマン2番を長さんから提案されてどう思いましたか?

北田:それまで1番も2番も弾いたことがなかったですが、シューマンはとても好きなので、ぜひやってみたい!とすぐに決まりました。

演奏される機会はあまり多くないですが、とてもいろんな感情を感じることができて本当に魅力的です。3楽章の美しさもたまりません。

ピアノ四重奏もカルテットもコンチェルトも良い曲ですよね。


スタッフ:シューマンのヴァイオリンソナタは、ヴァイオリニストでもかなり好き嫌いが分かれると思うんですが、、、、

北田:私はシューマンの作品からは人間らしい色々な感情が読み取れて、共感できる部分が多くあるので好きです。


(毎日、読みやすい分量で続きを掲載する予定です。)



閲覧数:43回0件のコメント